多頭数コンピ9位指数52以上のレース

以下のようなご質問をいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・15〜18頭の多頭数
・コンピ9位 指数52以上
のレースで3連複の買い目 「コンピ1位」ー「1位〜13位」ー「8位〜13位」51点
を参考にさせていただいています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご質問は今年5月からの成績についてのものでしたので、
今年5月(2008年5月)から11月(2008年)終了までの
7ヶ月間の数字を出しましたので、こちらにもアップします。
参考になればと思います。

コンピ9位指数52以上 多頭数レースの順位別成績

 

7ヶ月間で88レース行われています。

 

コンピ1位は指数的に幅広く最高指数も含まれますので
荒れるレースとはいえ、トータル複勝率53%は、まあこんなものでしょう。


コンピ9位指数51以上 多頭数レースの順位別成績

 

コンピ9位の指数をひとつ落とした51以上とした場合です。

 

コンピ1位の軸馬率の向上(ただし最高指数も含まれるため、あくまでトータル)、
コンピ下位の複勝率の低下

 

などが9位指数52以上と比較すると目に付きますね。


コンピ1位軸のフォーメーション

 

フォーメーションは、

 

○馬連、馬単、ワイド

 

  コンピ1位−(8〜13位)

 

  ※馬単(逆)は(8〜13位)→コンピ1位

 

 

○3連複、3連単

 

  コンピ1位−(1〜13位)−(8〜13位)


コンピ1位〜3位軸のフォーメーション

 

フォーメーションは、

 

○馬連、馬単、ワイド

 

  コンピ(1〜3位)−(8〜13位)

 

  ※馬単(逆)は(8〜13位)→コンピ(1〜3位)

 

 

○3連複、3連単

 

  コンピ(1〜3位)−(1〜13位)−(8〜13位)


コンピ1位〜5位軸のフォーメーション

 

フォーメーションは、

 

○馬連、馬単、ワイド

 

  コンピ(1〜5位)−(8〜13位)

 

  ※馬単(逆)は(8〜13位)→コンピ(1〜5位)

 

 

○3連複、3連単

 

  コンピ(1〜5位)−(1〜13位)−(8〜13位)


長期的に必勝馬券となりえるのか

 

無料レポートでの対象データは

 

日刊コンピ指数統一後の

 

2005年4月〜2008年3月の3年間でした。

 

 

今回の質問を受けた上記成績データは
その後のおよそ半年間ということになりますが、
その前3年間と基本的には同じペースの成績となっています。
個人的にはダメな要素が見当たらないので
十分に勝ち切れる馬券ではないかと考えています。

 

 

7ヶ月の成績を見ると

 

3連複では軸をコンピ1位〜5位としたものがもっとも好成績となっています。
半分当たって、回収率140%超ということですが、
購入点数はおよそ200点となります。

 

3連複以外ではコンピ1位〜3位を軸としたフォーメーションが良い成績となっています。

 

 

指数RANGEのS12やS13とコンピ1位指数帯などでさらにケース分けすると
さらにパンチの効いた回収率に当然なります。

 

購入点数というのは人それぞれなので
(多点買いが罪悪と思っている人が多数派でしょう)
ああせい、こうせい、と言うつもりはないのですが、、、

 

軸はコンピ1位を必須として、それにあと2頭加える程度で
楽勝の基本フォーメーションだと思っています。

指数統一後3年間データのフォーメーション成績

 

レポートVOL.3を出した直後にメールに書いただけだったかもしれないので
データをアップしておきます。

 

上段:コンピ1位を軸
中段:コンピ1〜3位を軸
下段:コンピ1〜5位を軸

 

の2005年4月〜2008年3月の3年間の
コンピ9位指数52以上・多頭数レース
の成績になります。

 

5月〜11月の7ヶ月間の成績と比較してみて下さい。

 

・コンピ1位を軸
 この半年間はちょっと停滞気味ですが、それでも堅実な成績をキープ

 

・コンピ1〜3位を軸
 ワイド、3連複については過去3年と同程度の成績をキープ

 

・コンピ1〜5位を軸
 3連複について見てみると、
  過去3年はレース的中率55%
  その後半年レース的中率56%
 と両者に違いがないのに、回収率が大きく違うのは
 この半年は随分と配当が跳ねたから、ということです。

 

 

 たかだか半年程度のデータの結果から判断してしまうのは実に危険ということです。
 念のためアップしましたが、ご注意ください。