的中率100%回収率130%を越える馬券

さて、これは半分ジョークで半分本当なのだ。

 

これは、メールやブログに書いた

 

「数字のトリック」という奴です。

 

 

 

質問への回答の2008年5月〜11月の7ヶ月間の
コンピ9位指数52以上 多頭数レース

 

この全組合せを購入した場合、実はこうなります。

 

「的中率100%回収率130%を越える馬券」

 

決して嘘ではないが、本当とも言いづらい真実。

 

 

この場合はとてつもない配当が飛び出している訳なのですが、

 

一般的な馬券についても、的中率50%で回収率130%と言っても
それで資金がゴロゴロ回るなんてことは無く、
つまりは的中率を受け持つ部分と、回収率を受け持つ部分が
ミックスされている、というのが現実なのです。

 

たまに来る大きな配当がトータルの回収率の不足を補っている
ということですね。

 

で、
「数字のトリック」に書きましたが、これは購入点数の問題ではなく、
配当のバラツキによります。単勝1点買いでもトリック可能です。

 

 

 

 

それにしても全組合せ購入データの
3連単よりも3連複の方が回収率が良いというのはちょっと意外です。
究極の配当妙味はもしかしたら3連複にあるのかも?しれませんな。

 

 

この7ヶ月、
どの程度の配当が出ているのかというと、


 

3連複では超ど級の配当となる100万越えが2本出ています。

 

コンピ組合せは、

 

 6−10−16

 

 8−11−14

 

ですね。

 

 

 ついでに3連単の配当も見てみましょうか。


 

1000万馬券は コンピ8→14→11位の決まり手です。


3年間データの全通り買い

 

で、長いスパンになると、残念ながら
この不景気にそうは問屋が卸してくれないということになります。

 

半年程度のデータでは、

 

「的中率100%回収率130%を越える馬券」

 

などというのは結構あるのですよ。